So-net無料ブログ作成

あわてて天草クッキング [料理レシピ]

この夏、伊豆のお土産、「天草」のおすそ分けをいただきました。
アマクサ…四郎?島原の乱。
いやいや、ちゃうちゃう。テングサ!!
あ、『ところてん』が出来るやつだぁ~♪

作り方も入ってた。
乾燥した海藻から、粘り気を抽出するのには、1時間ほど煮込むわけか~。
喜びつつも、また今度・・・と思ってるうちに、すでに秋風が吹いてきました・・・

こりゃいかん。
時期を逃してしまう~~!(既にすっかり逃しています)

というわけで、手持ちのデザート本なども参考にしつつ、作ってみました。
以外と簡単☆

いただいた天草は約30gありました。

■天草レシピ■

天草 30g
水   1.5L~2L
お酢 大さじ1~2杯
塩   ひとつまみ

①天草は、汚れを取って、よく洗う
②大きめの鍋(吹きこぼれやすいので)に、分量の水とお酢を入れる(一晩置くと溶けやすくなる)
③そのまま火にかけ、沸いてきたら、時々アクを取りながら中火で50~60分煮る
   *吹きこぼれやすいので、火加減に注意。ただし、弱火にし過ぎると天草が溶けにくい
④ぬるぬるして、天草がよく溶けたら(全部は溶け切らない)、塩をひとつまみ入れる
⑤ガーゼかさらしなど、細かめのフキンで漉して、型に流し入れる
⑥室温である程度かためて、さらに冷蔵庫で冷やす
ところてん1.jpgところてん2.jpgところてん3.jpg
ところてん5.jpgところてん4.jpg
■ところてんメニュー■
       「ところてんつき」なぁんて道具は持ってないので、地道に包丁で切りました
        ところてん三杯酢.jpg王道→○三杯酢

        ところてん黒蜜.jpg甘党→○黒蜜
    [黒蜜の作り方]
          黒砂糖   
100g  ①黒砂糖と同量の水を合わせて火にかける
          水       100cc ②沸騰させないように弱火でじっくり煮詰める
          (蜂蜜   適量)   ③とろみが出たら、好みで蜂蜜を加える
            *黒砂糖は、固形でも、粉状でも
 OK!           
                      
         ところてんわらび餅.jpg○わらびもち風・抹茶きな粉
     抹茶きな粉は、きな粉に抹茶と砂糖を合わせて混ぜ、角切りのところてんにかける 

美味しかったのは、黒蜜に抹茶きな粉かけて食べたバージョン。
          ところてん黒蜜抹茶きな粉.jpg相変わらず、きな粉好きなもんで・・・

その他、フルーツやアイス乗せやみつ豆などのデザート系
からし酢味噌や野菜寄せなどおかず系

かんてんと同じように、色々バリエーションは楽しめますが、
ところてんは、海藻を天日干ししたもの。
寒天は、そのところてんを、さらに凍結・乾燥を繰り返して作るらしい。
寒天をところてん風にして作ったことはあるけど、
ホンモノのところてんは、格が違いますね、格が。

磯の香りが残っていて、粘りも強い。

人って、色んな手間かけて、何とかして保存して食べようとしてきたんですね。
海藻を目の前に、試行錯誤する姿が目に浮かびます。
感謝!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

rira

格別においしそう
これぞ手作りって感じですね8^^♪
by rira (2008-10-01 08:59) 

soleil

☆riraさん、もともと一から作るのが好きなんですけど、
そうなると、この場合、海藻採るところからになりますね♪

by soleil (2008-10-01 12:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。